Kenpachi

けんぱちコラム。

Sitemap



コラム

2019.09.17 100「新しいことに挑戦してみましょう!」

脳は、慣れ切ったいつも通りの行動よりも、新しい体験に、より強い刺激を受けます。
外を散歩するのは、五感を使うという面でも、また体を動かす意味でも重要ですが、
いつもとは違うコースを散歩してみることで、未知の情報に触れることができ、
脳にさらに強い刺激を与えることができます。

食事にしても、定番のメニューばかりを繰り返し食べるのではなく、
その時々の旬の食材を使ったメニューを積極的に食べてみるようにしましょう。
また、新しい料理を作ってみることは脳にほどよい負荷を与えてくれるでしょう。

このように、できるだけ新しいことに挑戦してみることが脳を活発に保つ秘訣です。
家族や友達と会話をする時も、いつも同じ話を繰り返すのではなく、新しい話題を
柔軟に取り入れるよう努めてみましょう。

もちろん、疲れを感じたら無理をせずに休憩しましょう。
人間の集中力が持続するのはせいぜい1時間程度なので、脳をゆっくり休ませて
リフレッシュすることも重要です。

公立諏訪東京理科大学 篠原菊紀教授


PageTop

Copyright 2012 KENPACHI & TAG Corpration. All Rights Reserved.