Kenpachi

けんぱちコラム。

Sitemap



コラム

2016.5.24 061「水と脳」

脳の活性化にとって「水」は重要な成分であり、脳の約8割が水でできているため、
水を飲むことで、脳の活性化や老化予防ができます。

水を飲むと30秒後に血液に届き、1分後には脳に届きます。
ビタミンやミネラルなどの栄養素が含まれた血液が脳に届くと、脳の老化を予防する
ことができます。
身体内の水分が不足すると、脳内の神経伝達物質であるセロトニン、トリプトファン、
必須アミノ酸の生成と新陳代謝に影響を及ぼします。
脳細胞の約85%は水で出来ているため、十分に水分補給をしなければ、精神状態や感情、
気分にも影響を及ぼします。

脳内では、必須アミノ酸の1つであるトリプトファンからセロトニンが生成されますが、
身体内の水分が不足すると、トリプトファンが脳内に運ばれないため、うつ状態やうつ病
の原因となります。
また、水分不足は、脳内でエネルギーが生成されるのを妨げ、不安感などのストレスや
情緒不安などの症状が起こることもあります。

脳内では、必須アミノ酸の1つであるトリプトファンからセロトニンが生成されますが、
身体内の水分が不足すると、トリプトファンが脳内に運ばれないため、うつ状態やうつ病
の原因となります。
また、水分不足は、脳内でエネルギーが生成されるのを妨げ、不安感などのストレスや
情緒不安などの症状が起こることもあります。

諏訪東京理科大学 篠原菊紀教授


PageTop

Copyright 2012 KENPACHI & TAG Corpration. All Rights Reserved.