Kenpachi

けんぱちコラム。

Sitemap



コラム

125/dt>
「遊技障害のおそれのある人」と臨床例等との乖離と予防について、その⑩
2021.11.25
124/dt>
「遊技障害のおそれのある人」と臨床例等との乖離と予防について、その⑨
2021.10.19
123/dt>
「遊技障害のおそれのある人」と臨床例等との乖離と予防について、その⑧
2021.09.21
122/dt>
「遊技障害のおそれのある人」と臨床例等との乖離と予防について、その⑦
2021.08.24
121/dt>
「遊技障害のおそれのある人」と臨床例等との乖離と予防について、その⑥
2021.07.26
120
「遊技障害のおそれのある人」と臨床例等との乖離と予防について、その⑤
2021.06.22
119
「遊技障害のおそれのある人」と臨床例等との乖離と予防について、その④
2021.05.19
118
「遊技障害のおそれのある人」と臨床例等との乖離と予防について、その③
2021.04.20
117
「遊技障害のおそれのある人」と臨床例等との乖離と予防について、その②
2021.03.23
116
「遊技障害のおそれのある人」と臨床例等との乖離と予防について、その①
2021.02.19
115
「かゆい」と「かいてしまう」わけ
2021.01.20
114
リモートワークでの注意点
2020.12.15
113
「絆(きずな)」はまあまあ恐ろしい
2020.11.17
112
記憶力の秋、ぜひ読書を
2020.10.23
111
いじめられたり、優しくされたりすると気分が変わるのはなぜか
2020.09.23
110
運動後の血漿(他人のものでもいいらしい)が脳を若返らせる
2020.08.18
109
認知機能に関しては「酒は百薬の長」は役立つらしい
2020.07.21
108
孤独は脳内で自分と他者を遠ざけるらしい
2020.06.23
107
直感とは?
2020.05.19
106
高齢者の自発的運動は筋肉幹細胞の活性を回復させる?
2020.04.22
105
白髪化のメカニズム
2020.03.24
104
脳と鉄の関係性
2020.02.18
103
腸内細菌が脳に影響するメカニズムの一端が明らかに
2019.12.17
102
サッカー選手は神経変性疾患による死亡率が高い(スコットランドの研究)
2019.11.20
101
3週間の食事介入で、うつ状態を改善
2019.10.21
100
新しいことに挑戦してみましょう!
2019.09.17
099
「昔遊び」は簡単にできる脳トレ
2019.08.20
098
一杯のコーヒーで、死亡率が改善されうる(高山スタディ)
2019.07.16
097
夜の運動は悪くない
2019.06.19
096
記憶したい内容を思い出しながら誰かに話すと、記憶が定着しやすくなる
2019.05.21
095
振り込め詐欺と認知症の関係性
2019.04.23
094
夕暮れ症候群(別名:日没症候群、たそがれ現象)
2019.03.20
093
めまい薬で忘れた記憶が回復するかもしれない
2019.02.19
092
知的活動と後年の認知機能の関連性
2019.01.22
091
ライフキネティックとは
2018.12.19
090
ギャンブル等依存症支援
2018.11.22
089
魚を食べないリスク
2018.10.23
088
スポーツ指導での体罰による子どもの脳への影響
2018.09.19
087
女性の方が【軽度認知障害】が速く悪化
2018.08.22
086
幸せな思い出は、忘れないようにしましょう
2018.07.24
085
75歳以上の人は、夜更かしをやめましょう
2018.06.20
084
記憶の移植
2018.05.22
083
歳をとっても、脳の働きは維持・向上することができる
2018.04.17
082
「ゲーム障害」が病気に、注意点いくつか
2018.02.21
081
人がモノを見たり想像したりする時の脳活動を解読
2018.01.24
080
ADHDドライバーにトレーニング効果あり
2017.12.19
バックナンバーはこちら

PageTop

Copyright 2012 KENPACHI & TAG Corpration. All Rights Reserved.